市田柿について


2006年に地域ブランドとして登録された市田柿は日本を代表する干し柿で南信州の特産品です。あめ色の果肉と小ぶりで品のある外観、もっちりした食感と口に広がる上品な甘さが特徴で、食物繊維を始めミネラル、ポリフェノールなどの栄養素も豊富に含まれている健康食品です。市田柿は500数十年の栽培の歴史があり、現在の長野県下伊那郡高森町の市田地域が発祥の里と言われ、地名のついた渋柿の品種名です。これを干し柿にしたものも「市田柿」と呼び、自然の甘さをもつドライフルーツであると同時に、高級和菓子としても用いられています。