市田柿発祥の里


市田柿発祥の里 高森町

 

NHKの大河ドラマ「女城主直虎」に登場して一躍有名になった長野県高森町(たかもりまち)は、長野県の南部、下伊那郡北部に位置し、中央アルプスと南アルプスに囲まれその間を天竜川が流れている自然に囲まれた美しさとふるさとのなつかしさに満ちた町です。

高森町HP http://www.town.takamori.nagano.jp/

 

高森町は南信州を代表する干し柿「市田柿」の発祥の里です。

秋に収穫された渋柿は皮をむいて風通しの良い所へ約1ヶ月ほどつるします。天竜川の川霧、山々に囲まれた寒暖の差がある気候のため、甘さが柿からにじみ出て白い粉をまとい、濃厚で上品な甘さの市田柿が完成します。

また、風物詩の「柿すだれ」は圧巻の景色です!

アルプスの山並みと天竜川、四季折々に多彩な表情を見せる自然。

そんな高森町ののどかな田園風景にきっと心癒されるはず。

大自然に囲まれた高森町はアクティビティもおすすめです。

天竜川のカヌーや、毎年6月中旬から下旬にかけてみられる蛍の幻想的な風景、厳かで美しい伝統行事の市田灯篭流し。温泉にキャンプ、ゴルフなどご家族、ご友人と一年を通して楽しめます。

 

高森町には長い間生き続けている古木も多く、春には見事な桜が咲き乱れます。また、多くの寺宝も残っており、美しい景色を見ながらゆっくり観光もいいですよ。

写真:新田原の桜・・・・エドヒガンザクラ、別名御帳桜ともいい、樹齢150~200年です。見応えのある一本桜です。

 

また、標高差があり日照時間にめぐまれている高森町は、野菜や果物の栽培に適した農の里です。 

寒暖差、段丘の地形を生かしてリンゴやもも、柿などを生産しています。地元の酪農家が搾りとる新鮮な生乳から作る無添加乳製品の市田酪農さんがあるのもこの高森町です。

大自然のなか育てられた牛から搾乳した、絞りたての生乳で作られたこってり濃ゆい乳製品も大人気です。

南アルプス

 

市田柿発祥の里碑

迫力の不動滝